FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
1000steine-land in Berlin
2006-08-20 Sun 23:47
えー、長い間、ブログを放置してすいません。
夏休み明けから「もー、なんもしたくないからねー」という病に侵されております。
家の仕事はかろうじてこなしておりますが、その他の事はホントいい加減です。

そんな状態なのに、今日はベルリンで開催されているLegoの展示会へ行ってきました。
これを主催しているのはドイツ最大のレゴを愛する会(笑)の団体です。
一応、私も幽霊ですが会員だったりして・・・
1000steine-land diolama
こんな感じで色々なジャンルのオリジナルモデルが並べられています。

会場に入ったとたん、我が家の2号機が真っ先に吸い寄せられていったのがこれ。
herr-der-ringe
ロード・オブ・ザ・リングのジオラマなんですが、映画の全作品が一まとめになっているそうな(1・2号機談)
オーストリアのモデラー(作者)のお話では、このジオラマは未完成で、完成まであと1年かかるか2年かかるかわからない、との事。
また完成品を見る為には、来年もここに来なきゃいけないね、てな事を作品の隣でまったり座っていたモデラーと2号機が話しておりました。
brandenburgtor
ドイツですからやはりこんな作品がないとねぇ。
これがベルリンにある「ブランデンブルグ門」。
frauenkirche.jpg innen
こっちがドレスデンにある「フラウエン教会」(作品の左がモデラー)で、きちんと作り込んである内部も見学可能(蝋燭とかが見えますか?)。
us-army innen2
上が老若関係なく男性ギャラリーが多く集めていた作品。
どれだけの労力・時間・財力をつぎ込んであるのかを想像すると気が遠くなりそう・・・
だって船体内部(画像右)も小道具満載なんだもん。

個人的にはこの作品に一番魅かれました。
duplo
他の作品はいわゆるレゴブロックが使われているのですが、これはそれよりも一回り大きな小さい子向けブロック・デュプロだけが使われています。
でもこれだけのジオラマだと他と見劣りしないし、それよりも他のモデラーが使わないデュプロブロックを使用したところが私には新鮮。
モデラーのTanjaさん曰く「始めはフィギュアを集めていたんだけどね・・・」。
同じドイツに住んでいるけど、我が家にはこんなに広げられるほどの場所はないぞ。

展示場の上階はレゴ・セットやパーツの即売会になっており、私も去年の11月にベルリンの蚤の市で手に入れた帆船の足りないパーツを買いました。
継ぎ足して組み立てるマストの一部がなかったのですが、(きっとオランダの)パーツ屋さんはセットでしか売ってくれなかったので、仕方なくEur.12.50出して購入。
蚤の市で安く買えたとホルホルしていたのに、結局倍の値段になってしまって少し(´・ω・`)ショボーン。

結局3.5時間近く見学して(私達が会場を出たところ、ハンガリーから参加していたモデラー達も会場を後にしていきました。ハンガリーまでって・・・)夕方6時半頃に雷の鳴る自宅に到着。
270kmも離れていると天気も全く違うんだな、と妙に感心しながら運転してました。
スポンサーサイト



別窓 | Lego | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
がいこつ、たくさん
2006-01-23 Mon 23:24
今日はお日様が照っているのに一日中マイナス気温でした。
郵便局に荷物を取りに行かなきゃいかんのに、一日こもりっぱなし。
だって寒いんだもーん。

ということで土曜日に買ってきたLegoを披露させていただきます。
Skeletten
この袋の中にはいったいいくつのガイコツが入っているのでしょう?
買う時にLegoStoreの店員ミリアムさんに聞いたら・・・



わかんない だって。


仕方ないからレヂの端っこで自分で数えたさ。

25個の頭がありました。
多分25体入りでしょう。

25体もどうすんのか知らないけど2号機が欲しいと言うので買いました。
とりあえずガイコツを並べてこんな事するんだそうです。
くまたん
上の作品はもちろん2号機作。
Belvillに入っているくまたんの朝礼かいな?

はぁー、
自分の子供ながらよーわからん。
別窓 | Lego | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Legoの金バケツ
2006-01-10 Tue 02:17
今日から息子どもが学校に行き始めました。
これで少しは静かな時間が戻ってくる・・・(と願いたい)
この年末年始は日中でもマイナス気温がずっと続いているので
一号機が学校から帰ってくるなり「寒いッ!」と文句を言っています。
冬は寒いもんじゃ、知らんがな・・・(´・ω・`)

さて先日息子達が入会しているLego Clubから会報が届きました。

レゴ・ドイツ 50周年記念だってさ。
見開き2面分を使ってアピールしております。
まずは簡単な50年の歩み。
50.Jahre

レゴバケツが当たるクイズとレゴ創始者の孫にあたるKjeld Kirk Kristiansenさんのインタビュー。
クイズの答えはすでに1号機が書き込んでしまった模様。

Legoclub2 
legoclub3

ってクイズ正解者のプレゼントはどこかで見覚えのある金色のふたのバケツ。
商品番号と50周年のマークをドイツ語に変えただけですか?
流石、手を変え品を変えの企業努力。
そのうちお祝いの周期が10周年20周年と細かくなって、各国バージョンが出ますよ、きっと。
やっぱりこのバケツも金色ブロックが1個しか入っていないのだろうか・・・
でもいいや、やっぱり欲しいもん。期待しましょう。

今のところどこにも販売している様子はないのですが、
しばらくしたらきっと派手に売り始めるのでしょう。
アメリカで発売された時にあわてて買わなくて良かった。

私と同様アメリカで買い損ねた方、ドイツのレゴサイトはチェックですよ。
別窓 | Lego | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨
| mein Tagebuch |