FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
クリスマス【前】のケーキ
2005-12-27 Tue 03:10
いやー、暇だ。
息子達は24-26日連続3日間、引きこもり状態です。
まぁ仕方ないっちゃあ仕方ないんですよ・・・
普段はどんなに仲の悪いドイツ人の家族でも、クリスマスとなると別ですからねぇ。
家族みんながちゃんと集まるのが不思議なところ。
息子達の友達はお爺さん・お婆さんの家へ行くか(日本人の友達の場合は日本へ)、
マジョルカ島あたりの別荘(大してでっかい家じゃない)へ家族旅行へ行ってしまい
遊び相手がいなくなるのです。
今日はそれぞれPCでゲームをやっているから静かでした。

んで私も暇だからケーキを焼いてみました。
それも『Adventskuchen』アドベンツケーキ(爆)
最近日本でも売られるようになってきた『Stollen』シュトレンと同じく、
本来ならクリスマスに焼くものなんです。
日本で正月前に餅をつくのに似てますね。
でも餅と違って焼いてすぐに食べられないし・・・
(両ケーキ共、普通は焼いてから4-5日から置いて食す)
『Stollen』はイースト菌を使うので結構作るのが難しいのです。
下手するとパサパサしておいしくないし・・・

ということで干しいちぢく、干し葡萄、レモンピール、胡桃の入った『Adventskuchen』を
暇にまかせて焼いてみました。
今週末、解禁かと思われますが、その前に少しずつ食べてしまいそうな気がする。
防止策に明日は小豆を炊いて『ぜんざい』でも作るか。
サンタさんが私用に圧力鍋をプレゼントしてくれたし(笑)
スポンサーサイト



別窓 | Heute | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
体験レポ!24日の正しい過ごし方
2005-12-26 Mon 03:07
25日は1.Weihnachtstag(第1クリスマス日)で、
空港と駅と特定のガソリンスタンドとレストラン以外の商店は休みです。
明日の2.Weihnachtstagも同様。

もーすごく暇です。
仕方がないから借りてきた日本語のビデオやDVDをダラダラ見て過ごしています。

昨日は朝から買い物に走り回り、帰ってきたのが昼の1時だったかな。
24日は朝8時から昼2時までしか店は開いておらず、
その後2日間は全く店が開いていません。
今年はちょうど日曜と重なったから良かったけど、
来年は24日(日)25日(月)26日(火)と3日間の閉店状態!アーンド『だらだら生活』じゃん
今から来年の心配する事ないんですけどね・・・

ドイツのというか正式にはチェコ人の大家さん一家のクリスマス会に参加させていただいた事が一度だけあります。

24日
午前中に両親が買い物に出かけます。
買ってくるものは食材と生もみの木です。
生もみの木は当日になれば値段が安くなるからとここのご夫婦は毎年、24日に買うそうな。
なんせ旧東の方ですからねぇ~ >締まり屋 関西では始末屋
買い物後、夫婦2人でもみの木の飾りつけを始めます。
その間、もみの木が設置される居間には鍵が掛けられ、
子供が覗けない様、鍵穴も塞がれます。

飾り付けが終わると居間の鍵を掛けたまま、今度は夫婦で夕食の用意です。
旦那さんも野菜の皮むきや食器のセットなどを手伝います。
鯉の揚げ物とか普段は食べないいわゆるご馳走でした。
どうやら鯉ってドイツでは年末のご馳走の定番みたいです。
どこかのレストランでも『クリスマス特別メニュー』として揚げた鯉を出していました。
っつーか、いつものお料理はなく、揚げた鯉とその他2-3種類のみ。
『から揚げ』なんてかわいい物ではなく、でっかい鯉を2つにぶった切って
衣を簡単に付けて単純に揚げただけのシロモノ。
頭のついた上半身(って言うのか?)だけでも泥臭くてクリアできなかったのに、
ウエイター氏が尻尾のついた下半身を運んできたのであわてて拒否したのですが
「これが一人前」という言葉に絶句とゲプした覚えがあります。
このチェコ人一家の鯉料理は泥臭さが気にならなかったなぁ。

両親が飾り付けと料理をしているその間、子供達は私が面倒を見ました。
ほぼ一日ですな。

全ての準備が終わると、一家は着替えます。
男性はネクタイを締め、女性はワンピースの正装です。
お母さんはちゃんとお化粧もします。
皆が揃ったらその日、初めて居間へ入ります。
立派に飾り付けされたもみの木の下には、それまで隠し続けていたプレゼントが置いてあり、
もみの木は通常の飾りの他に持ち手部分の針金を曲げてつるしてあり、
花火に火が付けられ着席後のお祈りの後に夕食が始まります。
一応、フルコースです。
大人がコーヒーを飲んでくつろいぎ始めると、子供達が待ってましたとばかりに
プレゼントに群がってダイナミックに開け始めます。
ビリビリになった包装紙はそのまま暖炉の火の中へ・・・(笑)
子供達は学校で習ったクリスマスの歌を歌ったり、暗唱した詩を披露したり。

こんな本格的なクリスマスを体験すると、
自分が日本で過ごしてきたクリスマスってすごく薄っぺらに感じてしまい
これ以来、ドイツ人にクリスマスはどうするの?と聞かれると
nichts besonders(特に何も)と言ってしまいます。
大抵、貴方は仏教だからと勝手に納得してくれますが、
「無宗教」と説明するのがすごく面倒なんでこちらから踏み込んで言いません。
昔、一生懸命説明したのですが、無宗教ってなかなか理解しにくいみたいですよ。
だからと言っておせち料理を作るわけではないんだけど。
おせちなんか作ったら材料はほぼ輸入品でっせ。
どんな事になるやら・・・(泣)

でも昨日は奮発して【おでん】だったんだぞー←一応、自慢している

さて今日の夕食は何にしよう・・・
昨日の【おでん】の残りを何とかするか。

ということで、今年も静かでおとなしいクリスマスを過ごしております。
別窓 | Heute | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
M3(Marsden, Moody, Murray) Classic Whitesnake
2005-12-19 Mon 10:00
最近、1号機がPCで「もすかう」をヘビーローテーション。
歌詞がドイツ語なんだからそっちで歌うかと思いきや、
【空耳バージョン】を覚える勢いで歌ってます。
をいをい・・・
その影響で2号機も今日からはまりこみました。
しかしこちらはドイツ語です。
覚えてカラオケででも歌うんかいな?
次回の里帰りにはカラオケ、連れて行けってか?


いやー、久しぶりにライブハウスへ行ってきました。
もう身体じゅうが煙草臭いのなんのって。
煙草の煙が苦手な私は、何度行っても慣れません(泣)
おまけに毎度の目の前に立ちはだかる人間山脈(鬱)
今日はなんか[らりぱっぱ]な激しい踊り方の人達に通せんぼされました(滝涙)
でもあの自由な空間に慣れると、座席指定のお行儀が良いコンサートが堅苦しく思えます。
うーん、困ったもんだなや。

さて今夜はハードロックバンドWhitesnakeの初期メンバー弦物3人組みのGigです。
今の【でびかばWhitesnake】は「でびかば」ことDavid Coverdale氏が老体に鞭打って、若者のバックに無理してハードロック路線にしがみついているとしか思えません。
私は嫌いだ。
初期のこの3人(+義兄弟コンビ)でやっていた時は適度にJazzyでBluesyで、気持ちよさそうに歌っていた印象があります。
こっちの方が好き(はあと)

で今夜はVo.やDr.とKey.の義兄弟コンビの事は思い出さずに、Marsden & Moody両氏のエレキ合戦、
そしてMoody氏の「世界一スライドギター」(Marsdey氏談)を目的としました。
すっかり『腹の出たおっさん』となっても、やはり昔取った狐つき杵柄。
しっかり息が合って、聞いていて安心、気持ちが良かったです。

Walking In The Shadow Of The Blues
Don't Break My Heart Again
Trouble
Hit An' Run
Lonely Days, Lonely Nights
Ready An' Willing
Child Of Babylon
Moody's slide solo
Slow An' Easy
Youngblood
Crying In The Rain
Marsden's 12-string solo
Ain't Gonna Cry No More
Ain't No Love In The Heart Of The City
Fool For Your Loving
Here I go Again
Wein, Women and Song
セットリストの曲順は生録したMDで確認しないと自信がないんだけど、
まさに懐メロ・ヒットパレード♪
20年近く前の時代の人達だもの、仕方ないわね。

懐メロ・ヒットパレードでも楽しかったから良いです。
おまけに€16.-(約\2,300)だったし(笑)

寝る前にこの煙草臭いのを何とかしないと、布団に入れません。
でももう18日が終わりそうで、お風呂に入れないし・・・
(夜9時から2時間のGigだもんね)

あー、どうしよう。・゚・(ノД`)・゚・。
別窓 | Musik | コメント:0 | ∧top | under∨
間に合うかなぁ?
2005-12-16 Fri 23:16
日本じゃ年賀状の受付が始まっているようですね。
ドイツに来た当初、せっせと全て手書きで出しておりましたが
手間と郵便代金をかけた割りにほとんど返信がないのでバカらしくなって止めました。

それに比べると日本人以外の返信率は大きいです。
もう来週末はクリスマスなんですが、まだカードを送っていません。
カードぐらいは送らなきゃ。

いつもどおり私の「天邪鬼」な性格の為、市販のカードでは我慢できず
思いついたのが刺繍してカードがわりに送ってしまおう、という無謀な企画。
布と糸がセットになった刺繍キットはドイツでは簡単に手に入ります。
すでに下書きがしてあるテーブルクロスとかフレームが入っていて壁に掛けられるのとか。
私の買ってきたのは€6.20(約\850)ぐらいの小さなキットです。
私の母親曰く「ぺけぽん(クロスステッチ)だけだから簡単、簡単!」
しかしキットを袋から出したとたん、布を見て悲鳴を上げました。

げっ、布目がこまけー

そういえば私の母親、刺繍をやってン十年。
戸塚刺繍の指導者免許所持者だったのを忘れていました。
あの人の簡単って・・・                 鬼だ。 

できるだけ暇を見つけて方眼紙に印刷された説明書を見ながらちまちま、チクチク。
もうねぇ、作業を止めて普通に物を見ると、しばらく遠近感がつかめないのですよ。
歳ですねぇ(アハハ)

やっと今日全て刺し終えて、余分な布を切り落としてフレームに入れて完成させました。
Schneeman
面倒なんでメッセージは裏側に書いちゃおう。
message
さて明日、窓口に出向いて郵送するのですが、相手はイギリス在住。
ドイツから発送するのはさして問題はないのですが、
Royalmailって頻繁にストをやったりして信用できんから
果たして来週末までに間に合うのかなぁ?
別窓 | Heute | コメント:0 | ∧top | under∨
遠くに投げてしまいそう・・・
2005-12-13 Tue 23:42
また来ちゃったよ、バトン。
でも話題がない日の為にと今日までとっといたんだよね♪
あーりがとう>FABさん

前のは音楽で比較的ラクに答えられたんですが、
今度は下手すると人間関係壊しそうなバトンです。


■回してくれた方に対しての印象をドゾ☆
→FABさんっていい人ですよ。 
 脳ある鷹は爪を隠しているタイプです。

■周りから見た自分はどんなヒトだと思われていますか?
 5つ述べてください。
→ネクラ(「君はクライっ!」と実際に面と向かって言われた経験有り)
→あほ
→短気
→自分勝手(わがままとは違うらしい。やはり実際に面と向かって言われた経験有り)
→新人のクセに昔からいるような顔をしている(と複数人に言われた経験有り)

■自分の好きな人間性について、5つ述べてください。
→♪気は優しくておしとやか、そのうえ美人で力持ち
→自信を持って嘘が言える
→なんとかなるっしょ(と思っていないと海外生活はやっていけません)
→人生で乗り越えなければならない壁はなるべく避けて通る

■では反対に嫌いなタイプは?
→自分みたいな人間
 息子達にこの遺伝子がまんまコピーされている現実を目にするとめまいがします。

■自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?
→かっこいいおばはん

■自分のことを慕ってくれる人に叫んでください。
王様の耳はロバの耳ぃぃぃぃぃ

■そんな大好きな人にバトンタッチ∞名!(印象付で、お気のすむまで)
→もう面倒だから勝手に私がアンカーになっちゃおうっと!
 しかしご希望の方がいらっしゃる場合は、この限りではありません。
 奮ってご応募ください。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | ∧top | under∨
ワールドカップ、申し込んでみた
2005-12-13 Tue 08:16
毎年1回のスローペースで地元のプロサッカー(Bundesliega)の試合を観に行くのですが、
今日のお昼12時から来年のワールドカップの切符が販売されると昨夜の忘年会で聞いたので
何を血迷ったのか、家族4人分の切符を申し込んでみました。
6月18日(日)の第28試合 日本対クロアチア戦(ニュルンベルグ)です。

もっと近所で、できれば地元のスタジアムでやってくれれば良かったのですが
一番近くで6月22日のドルトムントの対ブラジル戦。
ブラジルだもん、絶対切符は取れないでしょうな。
6月12日の対オーストラリア戦(カイザースラウテルン)なら楽勝でしょうが、試合は月曜日。
しっかり息子達の学校のある日・・・
いや、多分正直に理由を話せば担任の先生は理解してくれると思うんですよ。
でもやっぱり学校を休ませるという事に抵抗があるんです。
ここらへん、やっぱり日本人です。

今回、初めてネットで申し込んだ訳ですが
転売防止にパスポート番号やら国籍やらを入力しなきゃならないなんて知りませんでした。
おかげであわてて私以外のパスポートを探し、
見つからなかったダンナの番号は彼の職場に電話を掛けて聞きました。
クレジットカード決済はスポンサーのマスターカードしか使えないし・・・
ドイツ国内(EC圏内?)なら振込みやら銀行引き落としが可能みたいでした。

そして「もし希望のカテゴリーの座席が確保できなければもうひとつ上(下)のカテゴリーでもOK」
なんて項目もあり、
我が家もとりあえず「上のカテゴリーでも仕方なくOK」にチェックを入れておきました。
だって申し込んだもうひとつ下の(一番安い)カテゴリーって、一人2枚しか買えないんですよ。
35ユーロで安いから狙っていたのに・・・(泣)
家族4人で仲良く行く為には最低3番目のカテゴリー(€45.-/人)で申し込まないといけないなんて

せこいぞ、カイザー!
    ↑ベッケンバウアー氏が悪いんじゃないのは分かっていますよ、でもやっぱりね・・・

まぁ、切符が手に入れば入ったでちょっと遠いけど喜んで行くし、
ダメだったらTVで観りゃいいし。
(どうしても観に行きたい人からすると、すごい不謹慎な奴ですね)
いつ通知がくるのか知らないんですが、来たら結果をお知らせしましょうかね。
別窓 | Heute | コメント:0 | ∧top | under∨
ドイツの地震保険
2005-12-03 Sat 07:01
一連のマンションの事件について我が家の1号機の素朴な疑問。
「このアパートってレンガでできてるけど、地震がきたらすぐ壊れるかなぁ?」
ってあんた、ここをどこだと思っているのよ。
大陸でっせ、それも火山もナーんもない・・・(でっかい山さえないのに)

でも去年の12月ぐらいに南ドイツで地震があったらしいです。
それも震度3ぐらいの・・・
「ジェットコースターみたい」とか「飛行機の着地時みたい」とか
地震を体験したドイツ人の結構能天気なコメントが新聞に載っていたそうな。
あんたらいっぺん日本の高層ビルの上階で体験してみ~
能天気な事、言ってられんぞ。
15年前にまだ日本にいた頃、私と一緒にいて地震を初体験したオーストラリア人が
ムチャクチャやかましい悲鳴を上げてました。(その時は雑居ビルの3階だったかな)
ロスアンゼルス出身のアメリカ人は結構静かでした。
「ロスも結構地震があって、慣れてるもんねー」だって。

とりあえずドイツにも地震保険はあるそうな。
私の知り合いが実際、この地震保険を掛けたらしいのですが、
担当の保険屋のオジサンが笑いをこらえながら、「僕も何十年も保険屋しているけれど、
オタクが初めて!やめといたら?」と言われました。

保険料は年間約20ユーロ(\3000.-弱)。
それでもし万が一地震で家が壊れた場合
無制限で建て直し代金全額保険会社が保証
ま、そんだけ『ありえねー』って話なんでしょうね。

いろいろネットを見てみると、件のマンションには
ヒュ○○ーの会社役員さんも住んでいらっさるとか。
会社役員って世間一般にはどれぐらいの地位の方を指すのか存じ上げませんが、
話題の会社の物件にその社員が住んでいたっていうのはとっても驚きでした。
住人の立場でもあり、しかし自分の勤めている会社の事もあり、
その会社役員、心中お察し申し上げますよ、ホント。

まだこれからもずっと関係者は責任のなすり合い、
世間では悪者探しが繰り広げられるんでしょうが、
それよりも、早いとこやる事やらなきゃ二次災害が起きちゃいますよ。
該当マンションに住んでいる人も当然ながら、その周りの住人の方々。
これからの身の振り方や補償問題、そして地震に脅えながら暮らしで
大きなストレスから心の病に罹らなければいいんですが。

特にFABさん、命あってのものだねだから、隣のマンションが崩れて来たら
火事場の『バ○ヂカラ』を出してとっとと逃げるんですよ。
(最後の2行は私信でした、失礼)
別窓 | Heute | コメント:2 | ∧top | under∨
| mein Tagebuch |