FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
グラスゴー、levelな旅 8月30日
2009-09-13 Sun 16:31
昨日、この時期のイベントの一つ、日本人学校・日本語補習校の合同運動会が終わった。
今年は仲間2人計3人で、お弁当の分担をしてみたら、すんごく楽チンだった。
私はおかず担当で、鶏3羽(もも肉6本)分の鶏唐と煮物少々を持参。
ほぼ完売で、帰りの荷物が軽かったので余計うれしかった。

さて、8月30日、旅行3日目、やっと"Level 42"の日

前日は早めにホテルへ戻ったものの、座っている時間が極端に短かった為
私はすんなり寝てしまった。
しかし普段から静かな環境で暮らしている相棒は、
ホテル隣にあるライブバンドが入る飲み屋の騒音が気になって若干寝不足だったらしい。

眠い目をこすりながら眠気覚ましにシャワーを浴びた後、
今日は待ち時間になんとか座るよう、朝食時に傾向と対策を相棒と練る。
この日は前日と違って雨が降ったり止んだりの嫌な天気のようだ。
幸い会場隣の遊園地の入場券を買っていたので、興味のないバンドの時間は
遊園地で遊ぶことにする。

その日の会場行きバスの出発時間は13時。
午前中は空いているので、スーパーへ行ってみることにした。

私達が期待している"Level 42"の出番は夜10時の予定なので、
この日まともな夕食が摂れるかどうかわからない。
だから部屋に戻ってから夜食のつもりで、
スパゲッティとソース、袋入り野菜サラダとドレッシングを買っておく。
ついでに缶ビールも籠に入れたら、
レヂのお兄ちゃんが11時を過ぎないとアルコールは売れないと言う。
仕方なしに缶ビールだけ返品。

一度食糧品を置きに部屋へ戻り、今度は13時のバスに乗るべく出掛ける。
その前に少しお腹の中に入れておこうと、デパートの喫茶部でケーキやスコーンを食べた。
ケーキというかパイナップルのタルトという名のブツだったが、
やたら甘く、砂糖の柔らかいアイシングを食べている感じで、意地になりながらすべて食べた。
何の罰ゲームだったんだろう…

そうこうしているうちに時間になり、前日1時間待たされたバス乗り場へ。
えーっ、どうしちゃったの? もうみんな乗り込んで、私達が最後の客だったみたい…
バスの中は前日とガラッと変わり、おじさん度50%。
その日のほとんどの出演者が、バンドの形態だったからだろうか?

昨日とカラーリングが違うのだが、この日もバスは古いダブルデッカー。
そしてエンジンが走っている途中で止まる。
会場のゲートが見える所でも止まりやがった。
会場が近いし、もう歩いて行っちゃおうかな、と思い始めたらやっとエンジンが掛かる始末。
当然バスの中は嵐のような拍手。 
金をとってお客を運ぶバス会社としてどうよ。

で、会場に到着してから、とりあえず一度見ておきたかった"Go West"を見る。
相棒には事前に予習用CDを渡しておいたけど、興味ないってサ。
ピーター・コックス氏の声は相変わらずパワフルでかっちょいい!
ドイツにもあまり来ないので、今回彼の声を聞けて動く姿をナマで見られて良かった。
(ミュージシャン、いつ逝っちゃうか分からない、だから見られる時に見ておけ、が私の持論)
ちなみにこのバックバンドのキーボードは、元"Level 42"のリンドン・コナー氏だった。

この日はバンド形式の出演者が多い為、セッティングやらで次の出演者までの時間がかなり長い。
長い時は1時間近くも待たなければならないのは苦痛だから、
トイレ休憩も兼ねて隣の遊園地で色々乗ってきた。
Galston 遊園地からの眺め Galstonの町(多分)
昔懐かしい系の乗り物ばかりで、おばさん2人がメリーゴーランドや汽車ぽっぽに乗った姿は
乗り場のアルバイトの若者や他の家族連れのお客さんにはとても奇妙に映った事だろう。
でも座れたから良かった。 その頃には雨が本格的に降ってきたから余計良かった。
遊園地が閉園してからも、ステージの真裏にある屋根付きベンチでおやつを食べながら
世間話やフェンスの向こうに見える更衣用テントや
ステージに上がる前に横切るミュージシャンについてまったりと話をする私達。
スコットランドの田舎まで来て、ぼーっと何してんだろ?

さて最後から3番目の"Average White Band"の演奏途中でジワジワとステージ前ににじり寄り、
前から2列目を確保。 もうここから後退はせんぞ、と相棒と誓い合う。
初めてこのバンドの存在と音楽を知ったのだけれど、異様にJazzしてて、
今回の野外フェスでは異色の存在だった。 いや、嫌いじゃないよ、こういうの。
この後、グラスゴー近郊出身のミッジ・ユーロ氏が登場したのだが、
やはりご近所出身ということで私達の立っている場所が息苦しくなるほど急に人が増えた。
Midge Ure ボケボケミッジ・ユーロ氏 バンド4人の内3人が坊主頭と高坊主率
会場の客の多くがすべての歌を合唱していた。
"If i was"や"Breath"はわからんでもないが、"Vienna"って合唱するような曲か?
やっぱり(ほぼ)地元出身ということで、無理やり納得した次第。

ミッジ氏が引っ込んでからまた1時間近くの待ち時間。
その間にあれだけ暑苦しかった周りが、すこし過疎化した。
そうか、これも地元出身ミュージシャンの影響か?
ということで、フェンスにかぶりつきながら、ひたすら"Level 42"の出番を待っていた。
今回のセットリストは以下の通り。

Heaven in my Hands
To be with You Again
Gorever Now
Turn it On
Running in the Family
Leaving me Now
Sunbed Song
~Bass solo~
Love Games
Starchild
Sung goes Down
Something About You
Lessons in Love
*encore*
Hotwater

曲の構成などは6月19日にドイツ・キールでのステージとあまり変わらないので、特に思うところはナシ。
その野外フェスへ来るまで、今回のフェスの運営や
急に決まった28日にドイツ・マインツでのコンサーに対し文句を言い続けた2人だったが、
コンサート途中、こちら2人がマイク・リンダップ氏に手を振り、にこやかに振り返してもらった事で
それまでの文句が一気に吹っ飛び、相棒に至っては彼女の目がハートに変わってしまう変わり様。
これ以後、相棒はリンダップ氏一筋になってしまったのは言うまでもない。
昨日9月12日に会った相棒は、ハートの形が小さくなっていたが、やはりまだ目がハートだった(爆)

彼らのステージが終わり、真っ暗でぬかるんだ会場を転ばぬように歩きながら後にして
グラスゴー行きのバスを待つ。
そのバスを待っている場所からフェンス越しに煙草を吸うネイザン君が見えた!、と叫ぶ相棒。
フェンスにしがみついていると、今度はゲイリー君が控室代わりのテントから出てきた!
じゃあ、彼に声を掛けてマイク氏を呼んでもらおう!という相棒の計画もむなしく
バスが到着し、早々に乗り込まなければならなかった私達。
乗り込んでから1時間以上バスは動かず、その間に"Level 42"のメンバーが乗った車が出てしまい
バス会社と運転手を恨むハートの目の相棒…  テラコワス

ということで、ホテルに戻ったのは夜中の2時を過ぎていた。
それからむなしく部屋でスパゲッティをゆでて食べ、ドロドロになった靴を気にしつつ就寝した。

後から気がついたけど、"Level 42"の画像を一枚も撮ってなかった。
そんなに余裕がなかったのか > 自分
スポンサーサイト



別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
グラスゴー、Levelな旅 8月29日
2009-09-08 Tue 19:47
昨日一日は溜まりに溜まった仕事をやっつけたら、
PCの電源を入れるのもイヤになるぐらいくたびれてしまったよ。

旅行の続き
8月29日
翌日6時半近くに起床。 
4時間ちょっとしか寝ていないんですけど、持つかな~という心配をよそに
7時ぐらいからホテルにて朝食。
パン・コーヒー/紅茶・シリアル等の典型的なコンチネンタル式で
ドイツなら当然出てくるハムやチーズはない。
ま、ヨーグルトがあっただけ許してやるか ←なぜ上から目線?

また2ポンド払って空港行きシャトルバス利用し、8時半発グラスゴー行きライアンエアに乗り込む。
チェックインは、預け荷物が無いので簡単で、カウンターの人も最低限の作業で済んでいた。

9時40分 グラスゴー・プレストウィック空港に到着。
この空港はグラスゴーから電車で1時間弱も離れた海沿いにあり、
ライアンしか乗り入れていないのか、空港内も閑散としてあまり活気が無い印象だった。

30分に1本のグラスゴー行き電車に乗る。
窓の外の景色は海岸線と、その手前に球ころがしに興じるゴルファーが延々と続く。
そういえば土曜日だもんなぁ~。 
見ているとキャディーさんらしき人は皆無で、ゴルファーが自分のバッグを担いでコースを回っていた。
海風が強いので、球を打っても流されるだろうに…
Golf ちなみに私も相棒もゴルフはやらない。

サイトに記載してあった通り、
車内でライアン・エアの搭乗券とパスポートを見せると運賃が半額(GBP3.20)になった。
この電車でグラスゴー中央駅に着いた。
Zug nach Glasgow Glasgow Centralstation 電車と車が同居する駅ってちょっと珍しいかな

グラスゴー中央駅から徒歩でFraserSuiteHotelまで。
繁華街は歩行者天国が多く、そして碁盤の目のように道路が並んでいるので
迷わずホテルまでたどり着けた。

そして部屋に入ってびっくり!
キッチンと鍋・食器、DVD/CDプレイヤーが付いた、広々した部屋だった。
ここはツインベットの設定が無く、誤解されるのを承知でダブルベットの部屋を予約したのだが、
普通のダブルのもう一回り大きいサイズで、
夜中に転げ落ちたりキックやパンチを受ける心配がない事を確信した部屋だった。
これでGBP74.75/泊は安いぞ~

荷物をフロントに預けて、とりあえず昼ごはん。
ホテルを探している途中、飲み物込みのセットメニューGBP6.-の看板を見つけたので
その場所まで戻って入口から様子を見てみる。
店員の説明だと、本当に飲み物付パスタかフィッシュ&チップスどちらかでGBP6.-だそうだ。
だまされたと思って注文してみた。 もちろんフィッシュ&チップスで。
ビールを頼んだら、飲み物はソフトドリンクかグラスワインのどちらかにしてくれと。
えーっ!ワインとソフトドリンクが同格ですか??
アルコールの苦手な相棒は水(ガス入りを頼んだけど、ナシがきちゃった)で、私はもちろん白さ。

もう気持ち良く食べた後一度ホテルの部屋に戻り、
3時出発の野外フェス会場行きのバスに乗る為、指定のバスセンターに向かう。

また待ちましたよ、1時間近く。
イギリスおよびスコットランドの人達は、何で文句言わないのかなぁ~と思いつつ、
目の前にいる私と同世代と思われるおばちゃんの群れの晴れ姿を観察していた。

体格がいいのはヨーロッパ人として認めるけど、あんたらの娘でも絶対に身に付けないような
蛍光ピンクや黄色・黄緑の超ミニスカートやアクセサリー、おまけに花柄の長靴ってどうよ?
グループでキャイキャイ言いながらバスを待っているその雄姿は
大阪のアニマルプリントおばちゃんより迫力があった。

やっと来たボロボロのダブルデッカーバスに乗り込み、
おばちゃん達のキャイキャイ声に対し「あー聞こえない、聞こえない」と自分を騙しながら
着いたのがもうすぐ夕方5時の森の中。
目に着く人達みーんな長靴履いてる。 
手首に入場券変わりのバンドを手首に巻いてもらって、
ガンガン音がしている方向へ森の中を歩いて行くと
まず目についたのが、簡易トイレに並ぶ女性達の長蛇の列。 なんでイキナリ…
そして雨が降り地面がぬかるんでぐちゃぐちゃな会場でピクニック用折り畳み椅子に座る
極彩色鮮やかなおばさん達とおじさん達の群れ。 
これで長靴の謎は解けたが、エライトコロニキテシマッタゾ…
バットマン・スマーフ・フリントストーンのコスプレをしている夫婦もいて、もうねぇ _| ̄|◯
Retrofest コスプレ夫婦を探せ!

これで夜9時に登場するRick Astleyまでどうやって過ごせばいいんだろう…
とりあえずトイレに並ぶのがイヤだから、何も飲まずに頑張った。
長時間立ちっぱなしで足腰に来たから、
空気の悪いカラオケテントで椅子に座り込み、聞きたくもない他人様の歌を聞いて体力温存した。

ちょっと気になったからRick Astleyの前に出るOne Night of Queenを見た。
名前からも分かるように完全なQueenのコピーバンドで、すごい盛り上がっていた。
遠くから見ていたのでフレディー役の人の歯が出ていたかは未確認だけど、声の質もそっくり。
We will Rock you ではちゃんとスコットランドの国旗を背負って出て来た。
それまで出て来てたバンド以上にコピーバンドが盛り上がるのもどうかと思うが…
私は和風で(笑っちゃいけないんだけど)笑えるこっちのほうが好みだナ。⇒ Kween

そしてこの日の私達のメイン、Rick Astley!!
ゴミだらけでぬかるみ滑りやすくなった会場の人の合間をかいくぐり
できるだけ舞台に近づく為、ひたすら前進する東洋人女性2名。

私達は会場ではかなり珍しい存在だったようで「楽しんでる?」と声を掛けられた。
ドイツではまず「中国人か?」と聞かれるのに対し、この会場では「日本人か?」と聞かれた。
こんな物好きなイベントに来るのは、日本人ぐらいしかいないのか?

しかしRick Astleyは三ツ矢サイダーのCMをやっていた頃と同じく
歳をとってもさわやかだった。
会場の女性客を一人舞台に上げ、歌わせ、踊らせ、
最後には女性が密かに彼に渡したホテルの名前と部屋番号までペロッと喋ってしまうお茶目さ。
くどいようだが、やっぱり彼はさわやかだ。
Rick Astley1 Rick Astley2  ボケボケですが、Rickです。もっと性能良いカメラが欲しい…

Rick Astleyの後にトリのGloria Gaynor≪ヒット曲≫がいたが、
全く興味がなかったので早々にグラスゴー行きのバスに乗り込んでホテルに戻った。

そのバスで私達が座った斜め後ろにドイツ人タレントDirk Bach氏(こんなおっちゃん)
彼氏と一緒に座っていたので、思わず「Retrofestに来たんですか?」とアホな質問をしてしまった。
帰宅後家族にその話をしたら嘘と思ったらしく、証拠写真提出を求められたよ、ホントなのに(泣)
酔っぱらっていたのかラリパッパになっていたのか知らないが、
(特に彼氏の)長靴履いてた足取りがふにゃふにゃだったのが印象的だった。
会場で鼻の穴の周りに白い粉を付けてヘラヘラしていた他のおっちゃん達もいたからなぁ~
酒井●子の件もあり、タイムリーな光景だなと眺めていた私もヘンな奴です。
別窓 | 旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
グラスゴー、Levelな旅 8月28日
2009-09-06 Sun 23:24
遅い夏休みとして、日本語補習校の保護者仲間K恵さんとスコットランド・グラスゴーへ
Level 42を見に、そしてロンドンへ友人M子さんが出演するライオンキングを見に行ってきた。

8月28日(金)
5時46分のバスで、ライアン・エアに乗る為Lübeck空港へ向かう。
ただひたすら眠い。
空港にて今回の旅行の相棒K恵さんと待ち合わせ、10kgまでの機内持ち込み荷物1個を携え
自由席争奪戦も勝ち抜き、隣同士の席を確保しLondon-Stanstedへ。
(今回の客室乗務員化粧が濃かった。なんでだろ?)
宿泊予定のHoliday Inn Express が空港のそばと聞いていたのに
実際は車で5分程の車じゃないとたどり着けない場所にあり、
おまけに空港発着のシャトルバスを利用すると片道2ポンドかかる事にまずイラッ♯

とりあえずチェックインし、再び2ポンド払い空港へ出て、
そこから往復14ポンドでLondon Liverpoor Street駅までバスにて移動。

Leicester Square駅でダンサーM子さんと待ち合わせ、
相棒のリクエストによりお昼に3人で中華街の飲茶を食べる。
次から次へと食べて、お一人様14ポンド。 
すっかり満腹でズボンのベルトがきつくなっちゃった。
この後、M子さんは別の仕事が入っているとのことで、
私達2人で当初から予定していたO2(ミレニアム)アリーナ内のBritish Music Experienceへ行く為
ここで「じゃあ、またあとでね」。

ロンドン地下鉄は予告なく止まった。 
車内のアナウンスなんてゴニョゴニョ言ってるだけで聞きとれず(いや、もともと英語はダメだけど)
突然途中の駅で折り返し運転になりビビる私達。
じゃあ、ということで、バスに切り替えたのだが、さすがにGreaterLondon。
目的地到着まであまりに時間がかかるので、途中で影響が少なそうな路線の地下鉄に乗り替えて
何とかO2アリーナまで到着した。
んでBritish Music Experienceの内容は…  
まぁ、最新の機器を使っているから入場料が高くなるのは分かるんだけど
15ポンドは高いと思わせるような内容だった。 
その昔Piccadilly CircusにあったRock Circusという展示のほうが余程良かった、というのが
2人一致した意見だった。 そのRock Circusはもうないんだよな~

時間が来たのでライオンキングの劇場であるLyceum Theatreに向うも
地下鉄が止まった余波で、ギリギリに劇場へ到着。
お芝居の券を預かってくれていたM子さんは何度もテキストメッセージを出してくれていたのに
私の携帯電話の調子が悪い為中々受け取れず、かなり迷惑をかけてしまった。
券を楽屋口で受け取った時の彼女は、ほぼ化粧や衣装ができていた様だった。
やきもきさせて、ホントごめんなさい…

お芝居は始終「M子さんを探せ!」状態。
約3年前に同じくロンドンで、そしてハンブルグですでに見ているので内容的にはOK。
その後芝居がはねてからM子さんの案内で、舞台裏を見せてもらった。
感想 : ダンサーって力持ちじゃないと務まらないんだな。

劇場を出て、3年前と同じく、隣のパブでビールを軽く半パイント飲む。
ちょっとゆっくりした後、ホテル行きのバスに乗る為Liverpoor Street駅行きのバスを待つも
またしても時間通りには来ず、やむなくタクシーを利用する。
スーパーでサンドイッチを買ってからStansted行きのバス停で待つ事、なんと1時間近く。
こんなんだったら10ポンド以上使ってタクシー乗るんじゃなかったよ、ばかやろー!

当然StanstedからHoliday Inn Express行き最終0時45分のバスにも間に合わず
ホテルまでやっぱりタクシーを利用した。

いくら遅延があるとはいえ、ドイツの公共交通機関のほうが余程マシだ。
それと比べたら日本は驚異的な正確さで運行されているんだな、すげーよ。

ロンドンへ遊びに行く人は、時間にかなり余裕を持って行動しないと、冷や汗かきます。

この日は日付が変わって29日の2時ぐらいにやっと就寝できた。
ホントくたびれたよ。
別窓 | 旅行 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| mein Tagebuch |