FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
体験レポ!24日の正しい過ごし方
2005-12-26 Mon 03:07
25日は1.Weihnachtstag(第1クリスマス日)で、
空港と駅と特定のガソリンスタンドとレストラン以外の商店は休みです。
明日の2.Weihnachtstagも同様。

もーすごく暇です。
仕方がないから借りてきた日本語のビデオやDVDをダラダラ見て過ごしています。

昨日は朝から買い物に走り回り、帰ってきたのが昼の1時だったかな。
24日は朝8時から昼2時までしか店は開いておらず、
その後2日間は全く店が開いていません。
今年はちょうど日曜と重なったから良かったけど、
来年は24日(日)25日(月)26日(火)と3日間の閉店状態!アーンド『だらだら生活』じゃん
今から来年の心配する事ないんですけどね・・・

ドイツのというか正式にはチェコ人の大家さん一家のクリスマス会に参加させていただいた事が一度だけあります。

24日
午前中に両親が買い物に出かけます。
買ってくるものは食材と生もみの木です。
生もみの木は当日になれば値段が安くなるからとここのご夫婦は毎年、24日に買うそうな。
なんせ旧東の方ですからねぇ~ >締まり屋 関西では始末屋
買い物後、夫婦2人でもみの木の飾りつけを始めます。
その間、もみの木が設置される居間には鍵が掛けられ、
子供が覗けない様、鍵穴も塞がれます。

飾り付けが終わると居間の鍵を掛けたまま、今度は夫婦で夕食の用意です。
旦那さんも野菜の皮むきや食器のセットなどを手伝います。
鯉の揚げ物とか普段は食べないいわゆるご馳走でした。
どうやら鯉ってドイツでは年末のご馳走の定番みたいです。
どこかのレストランでも『クリスマス特別メニュー』として揚げた鯉を出していました。
っつーか、いつものお料理はなく、揚げた鯉とその他2-3種類のみ。
『から揚げ』なんてかわいい物ではなく、でっかい鯉を2つにぶった切って
衣を簡単に付けて単純に揚げただけのシロモノ。
頭のついた上半身(って言うのか?)だけでも泥臭くてクリアできなかったのに、
ウエイター氏が尻尾のついた下半身を運んできたのであわてて拒否したのですが
「これが一人前」という言葉に絶句とゲプした覚えがあります。
このチェコ人一家の鯉料理は泥臭さが気にならなかったなぁ。

両親が飾り付けと料理をしているその間、子供達は私が面倒を見ました。
ほぼ一日ですな。

全ての準備が終わると、一家は着替えます。
男性はネクタイを締め、女性はワンピースの正装です。
お母さんはちゃんとお化粧もします。
皆が揃ったらその日、初めて居間へ入ります。
立派に飾り付けされたもみの木の下には、それまで隠し続けていたプレゼントが置いてあり、
もみの木は通常の飾りの他に持ち手部分の針金を曲げてつるしてあり、
花火に火が付けられ着席後のお祈りの後に夕食が始まります。
一応、フルコースです。
大人がコーヒーを飲んでくつろいぎ始めると、子供達が待ってましたとばかりに
プレゼントに群がってダイナミックに開け始めます。
ビリビリになった包装紙はそのまま暖炉の火の中へ・・・(笑)
子供達は学校で習ったクリスマスの歌を歌ったり、暗唱した詩を披露したり。

こんな本格的なクリスマスを体験すると、
自分が日本で過ごしてきたクリスマスってすごく薄っぺらに感じてしまい
これ以来、ドイツ人にクリスマスはどうするの?と聞かれると
nichts besonders(特に何も)と言ってしまいます。
大抵、貴方は仏教だからと勝手に納得してくれますが、
「無宗教」と説明するのがすごく面倒なんでこちらから踏み込んで言いません。
昔、一生懸命説明したのですが、無宗教ってなかなか理解しにくいみたいですよ。
だからと言っておせち料理を作るわけではないんだけど。
おせちなんか作ったら材料はほぼ輸入品でっせ。
どんな事になるやら・・・(泣)

でも昨日は奮発して【おでん】だったんだぞー←一応、自慢している

さて今日の夕食は何にしよう・・・
昨日の【おでん】の残りを何とかするか。

ということで、今年も静かでおとなしいクリスマスを過ごしております。
スポンサーサイト



別窓 | Heute | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<クリスマス【前】のケーキ | mein Tagebuch | M3(Marsden, Moody, Murray) Classic Whitesnake>>
この記事のコメント
私のコイの思い出。
My Blog への訪問ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

私のコイ料理の思い出は、今は亡き義理母が一度だけ作ってくれた鯉のブルー煮っていうか丸ごと煮たやつです。
なんか生々しくてウエーって感じに加え、目玉をくり貫いちゃってそこにパセリを刺したんですよ。「どうして目玉をくり貫くの?」ってきいたら「グロテスクでしょう。」って「そっちの方がずっとグロテスクだわ!」って言いたかったです。
2005-12-25 Sun 23:45 | URL | phary #- [内容変更]
年末はコイの季節?
> pharyさん
コメント、ありがとうございます。
これからちょくちょくお邪魔したいと思っています。

やっぱり年末はドイツの全国的にコイの季節なんでしょうか?
義理のお母様のお料理は、その時完食されたのでしょうか?

ぬいぐるみや洋服などでドイツ人の感覚についていけない時がままあります。
あのドス黒くて泥臭くて締りのないコイの目にパセリ・・・
想像しちゃったよ。・゚・(ノД`)・゚・。
いやー、恐れ入りました。
2005-12-26 Mon 10:51 | URL | Frau K #2R.EqBSw [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |