FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
ニュルンベルグからイタリア・フィレンツェまで
2008-07-18 Fri 22:05
今回一番距離の長い行程。
相変わらず雨の降るニュルンベルグを朝8時に出て、途中オーストリアのクフシュタインという町で昼食休憩をとる。
ドイツとオーストリアの国境を越えても天気は一緒だった。
クフシュタインは川に沿った山の中の小さな町で、その中心地にはかわいいロープーウェイを備えた立派なお城がそびえていた。
kufstein 町の中心にある郵便局を出たら、いきなりこの景色

そのケーブルカー(って画像で見ると線路なんだが…)に乗ってお城の見学、という話も家族の間で出たけれど、フィレンツェまでの距離がまだかなりあるので、諦めて先を急ぐことに。

オーストリアの高速道路は有料で、利用前に通行シールを買ってフロントガラスに張る方式。
イタリアへ通り抜けるこの日の為に、一番期間の安い一週間用の通行シールを買った。
なんか損した気分だけど、山道が多いので、一般道をテクテク行く事を思えば楽かも。
イタリアとの国境はいつの間にか越えちゃった感じで、看板がイタリア語表記になったから実感できた。
イタリアの高速道路は、ドイツに比べるとかなりお粗末。あまり道が良くない。
サービスエリアの規模も小さく、座って食事を取る場所がない。
人が多過ぎ。あまり清潔じゃなくごちゃごちゃしてる。
ここも有料で、料金は日本と同じく入ったインターで通行証を受け取り、出るインターで利用した距離に応じて料金を払うシステム。
クレジットカードでの清算ができたのは有難かった。
Autostrada 高速道路サービスエリアの軽食コーナー@イタリア 流石!
             (飲酒の判断は自己責任ですが、イタリア人にとってワインは水と同じ)

イタリアに入ってしばらくは雨模様たったのが、走っていくにつれて段々と日が差すようになり、
フィレンツェでは完全に夏の日差し。ホテルは郊外の飛行場に近い
場所にあり、辺りは倉庫ばかりの商業地区だった。
夕食の飯屋を捜すのが面倒だしイタリアでの運転が正直怖かったので(苦笑)、部屋から見えた家具屋のIKEAまで行った。
イタリアのIKEA飯はドイツの品揃えとは若干違って、ワインのフルボトル・ハーフボトルがあるのがいかにもイタリア、と笑ってしまった。
その夜、隣接する大型テントで生バンドの夜通しライブ+ディスコがあって、その騒音と暑さと蚊のおかげで寝られなかった。
演奏は下手ではなかったよ。

アウトバーンの車窓から。 今日はオーストリアです。
auf Autobahn 景色がチロルってるがな… あたりまえか

写真はいくつか撮ったけど、時間がないので、ドイツに帰宅後アップします。
8月13日に画像を追加しました。
スポンサーサイト



別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<フィレンツェ二日目 | mein Tagebuch | ハンブルグからニュルンベルグへ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |