FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
実家の猫 Cefiro(セフィーロ)
2012-06-20 Wed 17:03
今朝、いつも通り起きがけにメールをチェックしたら
愛知の実家の母から「Re:せんべい着いた」なるタイトルのメールが来ていた。

が実は、一行だけ セヒーロがなくなったの さみしい


実家で24年来飼っていた猫セフィーロ♀が昨晩逝ってしまった、との事。
夜、母がセフィーロを抱き上げるとちょっと伸びをし、
そのまま母の腕の中で静かに息を引き取ったとか。
24年なら天寿を全うしたでしょう。
とても母孝行な逝き方だったと思う。

在りし日のセフィーロ

私がまだ独身だった80年代、
我が妹が彼女の彼(現私の義弟)の伝手で、手術代という名の持参金付きで貰って来た。

予防接種等で獣医さんへ行く時は、怖い、外へ出たくないと
それはそれは暴れた程の完全なる家猫だった。
ベランダに出て、外を眺めるだけで幸せだったみたい。
だから彼女の肉球は硬くならず、いつまでもぷにぷにのままだった。

命名はその当時話題になった日産の車名から。
だってそのCMで井上陽水さんが言っていたキャッチコピー《食う・寝る・遊ぶ》そのままなんだもん、猫って。
只、我が母はセフィーロが言いにくいのかセヒーロ、若しくはヒーロという事が多かった。

私がドイツへ渡り、出産して息子2人を連れて実家に帰った時も
子供の相手はしてられない、とばかりにずっと押し入れに避難していた。
我が家の息子2人も嫌だろうけど、妹の子供4人が加わると人間でも嫌になったもん。
我が息子達はセフィーロをかまうと猫パンチが繰り出されるので
彼女の場合は遠くから眺めるのが無難だと大きくなるにつれ学習したようだ。

心配なのは我が母がペットロス症候群にならないかという事。
以前、「もうお父さんとの会話ってセヒーロちゃんの事ぐらい。セヒーロがいなかったら夫婦の会話ってほとんどないわぁ」
と母自身が言っていたからだ。
一応、まずいと思ったら心療内科医に相談しろとメールしたら、早速担当医に話したらしい。
我が父にも電話でその点を気に掛けてくれと頼んでおいた。

最後に冗談で「娘達(私+妹)がいなくなったのとセフィーロがいなくなったの、どっちが堪えた?」と聞いたら、
娘は嫁に出ていくもんだとずいぶん前から覚悟してたから平気だったけど、セフィーロは急だったからねぇ… 
        

やっぱ猫かい


生前は他の猫との接触が獣医以外ほぼ無かったけど、
逝った先で友達を作って楽しくやってくれると信じたい。

最後にお食事中のセフィーロ嬢を。
ひーろ食事中

セフィーロの24年間の生活が昨夜終わりました。 ありがと
スポンサーサイト



別窓 | Heute | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<初めての絵葉書 Postcrossing | mein Tagebuch | KielerWoche2012 ミッジ・ユーロ編>>
この記事のコメント
そりゃ、猫です・・・
あたしも、母が亡くなった時より、ひきずりましたから。。。
でも2週間ほどで涙は涸れてきますから。
あせらず、ゆっくり
悲しい寂しいとか、何でもいいから話したり、メールしたりしてるうちに
落ち着いてきます。変に平気なふりしない方が・・って思います。
同じ境遇の人がいると、助けられます。
結構わかってくれる人、まわりにいるもんですよ。
2012-06-21 Thu 14:21 | URL | hanpeimama #- [内容変更]
ありがとうございます
やっぱり猫ですから、母が最後を看取ると事になると理解はしていたんだろうけど… ねぇ。
本人は「今まで猫ちゃんを置いて行けなかった温泉にでもゆっくり行ってくるわぁ」との事だったので、
ぜひ気の紛れる事をいっぱい実行して欲しいと思ってます。
私が近くにいたら色々できるんだけど、それだけが残念です。
ありがとう。
2012-06-21 Thu 14:58 | URL | こぶ母 #2R.EqBSw [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |