FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
ドイツの柔道世界大会
2006-02-27 Mon 07:16
今日は久しぶりに青空が広がっていました。
だからという訳ではないのですが、嫌がる息子2人を夜の外食で釣って
家族4人で駅4つ分離れた体育館へ柔道世界大会を見に行きました。

ドイツでの柔道はとてもメジャーな戦うスポーツとして人気があります。
今回の大会は日本選手も多く出場するそうなので、
金曜日のうちに友人であるピー太郎左衛門さんよりアテネ五輪観戦時に購入したという
有り難い日の丸を借りて応援しに行ってきました。

体育館にはアメリカのロックバンド"TOTO"の"Mindfields The Reunion Tour"を99年の10月に見に行って以来です。
(ご存知の方はツアー名で大体の時期が判明しますね)

ダンナが学生時代に、そして現在息子2人が習っていますが、
私は柔道に関してド素人です。
きれいな「一本技」は辛うじて判断がつきますが何の決まり手技が決まったのか、
そして「技あり」「有効」「効果」「教育的指導」「警告」の区別が全くつきません。
この為、ダンナの解説が絶えず必要でして、私達の周りの観客は謎の言語をずっと聞かされるはめに。
いい迷惑だ・・・
otto world cup 2006-1
体育館には柔道場が4面ありまして、試合が同時進行するのです。
ですから日本の選手が一度に3人も4人も戦い始めると、どの試合を捕らえればいいのか目が泳いでしまい、
結局決まり手技が繰り出される瞬間を逃してしまう。
その上ダンナと私が見ている試合が違うので、解説を頼もうにも話がかみ合わない始末。
流石に決勝戦は真ん中2面のどちらかで戦うので分かりやすいのですが
柔道場4面って規模としては普通なんでしょうか?

私の隣で「恥ずかしいから止めてくれ」と文句を言う1号機に
「日本人が日本選手を応援して何が悪いっ!(怒)」と【お黙りビーム】を浴びせつつ
アテネ五輪会場で売られていた由緒正しい日の丸をグルグル振りまわし、
「がんばれー!」と声張り上げてしっかり応援してきました。

戦績は女子-70kg、男子-81kg、-90kgが2位、女子-78kg、+78kgで3位
男子100kg超級の棟田康幸選手で君が代を聞くことができました。
otto world cup 2006-2

「アンタが日の丸を振り回さんかったら、もっと君が代を聞けたかも」とダンナ。
その後、再び【お黙りビーム】が炸裂。

息子達は君が代の歌詞を知らないのよね~
「お母さんが歌ったる!」と言ったものの、音程が低すぎて声が出なかった・・・(苦笑)
でもやっぱり日本人として君が代は知っていて欲しいので、機会があったら教えるつもりです。
曲も歌詞も短いからねぇ~

君が代を歌った後に思ったこと。
もうそろそろシーズンだけど、卒業式などで「日の丸掲揚、君が代斉唱を押し付けるな」と叫ぶ方々は
こういう場でもやはり「日の丸掲揚、君が代斉唱」を拒否なさるのでしょうか?
そこんとこ、聞いてみたいと素直に思ったのでした。
スポンサーサイト



別窓 | Heute | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<日本 対 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ | mein Tagebuch | 海よりも深~くはまり込む>>
この記事のコメント
補習校で歌いませんか?
「君が代」補習校の卒業式で歌いませんか?
ミュンヘンの補習校では毎年歌いますよ。

でも、うちの子達も歌えませんけどね。
息子にいたっては「お経みたいな歌」ですって。
(確かに、、、と思う私って愛国心がないのか?)
2006-03-10 Fri 16:38 | URL | phary #- [内容変更]
多分歌っていると思います
が、補習校では教えてないんじゃないかと。
ドイツ国歌でさえドイツの学校で教えてもらってないそうですから。
しかし聞く(歌う)機会が多いので、ドイツ国歌は覚えたようです。

我が息子達はバラードのようなスローテンポよりアップテンポなほうが好きですから
「君が代」は難しいと思います。
2006-03-11 Sat 10:43 | URL | Frau K #2R.EqBSw [内容変更]
バイエルンでは
ドイツ国歌、教えます、音楽の時間に。
テストまであります。
お姉ちゃんとお兄ちゃんお時の先生は、歌詞を全部書かせました。
末っ子の先生は独りづつ歌わせました。
それでわたしも歌えるようになったんです。
やっぱ、南は保守的なんですかね。
2006-03-12 Sun 01:24 | URL | phary #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |