FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
子供の誕生会
2006-04-10 Mon 18:31
昨日、やっと2号機の誕生会をやり終えました。
毎年悩みのタネなんですわ<場所

日本人は家族で祝う家庭内行事ですが、ヨーロッパの国、少なくともドイツでは年をとった本人が皆様をおもてなしするというスタンスです。
ですから職場や学校に部署やクラスの仲間にケーキを振舞うのはもちろん、
自宅やお店でのプライベートなパーティーまで全部当人持ち。

子供の頃は「年の数だけの人数を呼ぶのが基本」らしく、
狭い我が家で小学生6人がワラワラうごめく(そしてこちらの言っている事を聞いてくれない)誕生会は親にとって拷問以外の何物でもありません。
ですからお誕生会運営の場所や能力の無い親の為に
例えば公営プールや美術館・博物館などではインストラクターや学芸員付きお誕生会のプログラムを多数用意しています。

今年の2号機は最近日本でも増えてきているという屋内公園(インドア・プレイグラウンド)にて開催です。
天気の不安定な北ドイツでは大変重宝されているらしく、最近はあちらこちらでこの手の遊技場はオープンしているようです。
入場料・ジュース+食事(ソーセージとポテト)+アイス・お誕生会用テーブル確保・お菓子のお土産付きでお一人様約2000円也。
小学6年生が7人、食べる事も忘れて暴れまくるおかげで
子供たちが水分補給に戻ってくる以外親の出番はなし。
完全な放し飼い状態(笑)
昼の12時に入場して5時のお開きまでの5時間、親にとっては正にヒマとの戦いです。
私とダンナは「DS頭の体操」などやっておりました。
周りを見たら同じくポケットゲームやっていたり、クロスワードパズルや数独をやっていたり、
読書している親も多数目撃しました。

ちなみに点数を集めてもらうはずだったS*nyのデジカメはこの日までに届かず、
よって証拠写真はありません。
ここでも相変わらず入荷待ち。
えー、何も口に出しませんが、心の中では「おまけの商品だからってなめんなよー」です。

あー、これでお子様の誕生会は打ち止め。
来年からは人数分の映画券を子供に渡して映画を見せて、
その後にピザかハンバーガーをお腹いっぱい食べさせてヨシとします。
いつまでも親が仕切るもんでもないし・・・

さて今月はダンナの誕生日だ。
でも4月1日からまた社名が変わったんだよね。
これで4度目だよ。
ついでに部署の人間も多くなったとか。
一体何人分のケーキを焼いて持たせれば良いのやら・・・・(はぁ~)
スポンサーサイト



別窓 | Heute | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<へーくしょいっ! このやろー | mein Tagebuch | やっと来た>>
この記事のコメント
ごぶさたしてしまいました!
ドイツの誕生日の捉え方って違うんですねぇ~~。不思議です(笑)あ、こぶ父様も今月誕生日なんですねー!私もですよ~(笑)
日本式に祝ってください(笑)
2006-04-10 Mon 12:50 | URL | 広 #b318LpZM [内容変更]
じゃ、純和式ってことで・・・(笑)
おぉ、ぴろし~も今月、お誕生日なんですか。
そりゃおめ・・・
と言いかけましたが、こっち式だと誕生日以前にそういう事をいうとイカンらしい。
(コメントタイトルと矛盾しとるがな)
その日が来たら改めてってことで。

ちなみにダンナはかの独裁者と同じ誕生日です。
あわわ・・・
2006-04-10 Mon 13:50 | URL | Frau K. #2R.EqBSw [内容変更]
ごぶさたしてます~
ウチは小学生までは毎年家で誕生会やってましたよ!
とっても楽しかったです♪
でも親は苦労してたんだなぁ。。と、この日記を読んで思いました(笑)

あ、私も今月誕生日です。4月多いですね~
ちなみに尾○豊の命日デス(笑&嬉しくない)
2006-04-10 Mon 15:24 | URL | yuko #C9/gA75Q [内容変更]
あっ、ここにも4月生まれが
多いなぁ、4月生まれ。

さほど誕生会が重要ではない日本で、毎年きちんとやってくれてた親御さんはすばらしいし、その子供はうらやましい限りです。
誕生会の途中でDSやっている私はダメ親ですな。

4月って日本の学校は新学期が始まって新しい友達もできるわけだから、
親としてはどの子と仲がいいのかとかを観察する絶好の機会じゃないかと。

> ちなみに尾○豊の命日デス(笑&嬉しくない)
ごめん、なぜかワロタ。
2006-04-10 Mon 16:56 | URL | Frau K. #2R.EqBSw [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |