FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
アレルギー専門医へ行ってみた
2006-05-24 Wed 22:02
kanal
弁当を届けたついでに、1号機が働いていた自動車修理工場近くの運河を撮ってみました。
本文とは関連なし。

長らく悩まされていた花粉の正体を突き止めるため、
1号機のお供のついでに、母の私もアレルギー専門医で引っかきテストをしてもらいました。
んで、これがもらった結果票。
rezepte
これじゃなんのこっちゃわかりませんな。

テストの試薬は25種類。
1. 生理食塩水
2. ヒスタミン
3. 草と穀物
4. 薬草(ハーブ)
5. 木(早咲き)
6. 木(中間咲き)
7. 菌I
8. 菌II         3.から8.は色々な成分を混ぜた物
9. 草          9.からは単品
10. ライ麦
11. ヨモギ
12. ハンノキ
13. ヘーゼル
14. 白樺
15. 糸状菌・すすカビ
16. カー ブラリア菌
17. アスペルギルス フミガタス菌
18. ペニシリンを産生するアオカビ
19. コナヒョウヒダニ
20. ヤケヒョウヒダニ
21. アシブトコナダニ
22. サヤアシニクダニ
23. ケナガコナダニ
24. イチジク属のゴム
25. ラテックスゴム

このうち特に + マークの多いのが5.6.12.13.14.の木系の花粉でした。
ヒスタミンや草・穀物の花粉にも反応しますが、これはあくまでも花粉であって
食物としての穀物やライ麦、ヨモギとはまた別だそうです。

ちなみに1号機は反応した試薬が私より多く、3.4.9.の草系、3.10.の穀物系、
そして5.6.12.13.14の木系でした。
母である私から生まれてきたんだもん、木の花粉に反応するのは当然でしょ。
でもかわいそう・・・ごめんよ、こんな母で(泣)

日本だと花粉の代表はなんと言っても杉。
私は杉とせいたかあわだち草以外の花粉アレルギーを聞いたことがないのですが、
やはり国が違うとテストするアレルギーの種類まで違ってきますねぇ。

とりあえず私と1号機が反応する木系の花粉が完全に飛び終わる夏から秋にもう一度検査して、
場合によっては減感作療法を施すようです。

この減感作療法、3年ほど毎年続けて注射を受けなければならないという
ある種、根性を試すような治療法だそうで、
果たして私と1号機は完治することができるのであろうか。
すげー心配。

それよりも花粉が飛び終わるまでもう少しの辛抱。
「花粉退散」のお札でも家中に張っといたろか・・・
スポンサーサイト



別窓 | Heute | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<Tischfußball Weltmeister 2006 | mein Tagebuch | Pollen-Allergie>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
コナダニコナダニ類は、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目コナダニ亜目(無気門亜目)コナダニ科とその近縁の科に属するダニの一群である。0.3-0.4mm程度の小型のダニで、体は白く柔らかで、短い足がある。さまざまな食品や、場合によっては畳に発生し、害をなすことがある。 …
2007-03-08 Thu 08:43 ムシラーの前世
∧top | under∨
| mein Tagebuch |