FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
Tischfußball Weltmeister 2006
2006-05-26 Fri 23:04
雨が降り、かなり涼しいChristi Himmelfahrt(キリスト昇天祭)の昨日は全ドイツ的に休日。
毎度の事ですが、休日をダラダラ過ごしてはもったいない、つーことで
港で開催されるテーブルサッカー・ワールドカップ2006というのを覗いてきました。

テーブルサッカーってこんなやつですよ。
tischfussball1
ドイツでは飲み屋や児童館などに置いてあるので、
いわゆる温泉宿の卓球台みたいなゆるい認識でした。
それがワールドカップなんだから・・・
日本チームも出場するっていうしなんか面白そうでしょ。

ところがところが、反射神経や手首の強さ、そしてもちろんテクニックが必要な
結構厳しい本格的なゲームというのが観戦初心者の感想です。
シュートの玉の動きなんか見えないもん。
試合前の練習中に日本チームの佐藤さんからルールなどのお話を伺ったのですが、
詳しい事が日本の公式サイトに記載されていましたね。
すいません、丁寧に解説していただいて

ここがその会場で、昔の魚市場。
tischfussball2
このイモ洗い状態、まさにワールドカップでしょ?
2階、3階から見下ろすとボールの動きがよく判るので、
結構ギャラリー(コックさんまで)が見てました。

串刺しになったサッカー選手を操る棒はサイドにそれぞれ4本出ていて
ネコの手も借りたそうなシングル戦と
tischfussball3tischfussball4
それぞれがオフェンスとディフェンスを担当するダブルス戦がありました。
tischfussball5tischfussball6
素人が見た印象では一人で4本の棒を操作するのはやっぱり大変で、
ボールの動きや試合のテンポも速いダブルスの方が個人的には楽しめました。

時間の都合で日本対フランスの試合しか観戦できなかったのですが、
試合の前に単語を並べた英語でわーわーわめく仏選手がおり、
脇で座っていたチームメイトのニヤけた表情から
こやつ、おとなしい日本人を試合前に声で威嚇しとんのかと。
結果、この仏選手、自殺点を2点も入れて負けてました(愉快、愉快)
他にも台の位置が気に入らないからとあっちこっちにガタガタずらす選手とか・・・

親が2階から一生懸命観戦している傍で、2号機は知らないおっちゃんに混ざって自らプレイ(笑)
tischfussball7
その後、ダンナが相手をしておりましたが、会場を出る際にダンナが一言「手首が痛い・・・」
選手の方、腱鞘炎には十分お気をつけください。

入退場が何度でも可能だったので、帰宅して夕食を食べてから夜9時からの試合も見に来ようかと
会場近くに青空駐車してある車に向かいながらダンナと話していると
目の前をレッカー車が通り過ぎて嫌な予感が・・・・

あぁぁぁぁ 持っていかれたちゃったー(泣)

レッカーの運ちゃんに我が愛車の行方を聞き出し、
引き取り時に必要な車検証を取りにタクシーで一旦帰宅。
300ユーロほど罰金用のお金を引き出してから電車に乗って愛車の待つ場所へと向かいました。
降りた駅は大きな工場だらけですごく寂しい場所にあり、
果たして愛車が保管されている場所は簡単に見つかるのだろうかと心配していたら
なんてことない、ちゃんと看板が駅前にありました。
schlepp
看板の通り夫婦でテクテク歩くその傍を、違反車を載せたレッカー車が通り過ぎる。
「あのレッカー車を追えっー」って駅から100mぐらいで無事に愛車を保護。

罰金内訳は役所の取扱い手数料43ユーロ、それ以外の追加料金39.50ユーロ、
レッカー移動料121.80ユーロ、保管料50ユーロで計254.30ユーロ

これでどっと疲れが出て、夜9時から観戦する気力・体力がなくなりおかげで夜は爆睡です。
計254.30ユーロ、 イタかった・・・(滝涙)
スポンサーサイト



別窓 | Heute | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<対ドイツ戦 | mein Tagebuch | アレルギー専門医へ行ってみた>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |