FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
結局会えなかった(泣)
2006-06-06 Tue 22:24
昨日、月曜日の5時頃、無事に帰宅しました。

んでマルタとのサッカー親善試合ですが、
急遽2号機がデュッセルドルフの大学病院へ救急車で運ばれた為、
スタジアムに入場したにもかかわらず全く見ることができませんでした(泣)

試合当日、朝7時に自宅を出発し、道に迷うことなく4時間弱でホテルに到着。
もうホテルの宿泊客は日本人だらけで、久々にたくさんの日本人をまとめて見ました。
車のナンバーを見るとドイツ各地からはもちろん、オランダナンバーもかなりありました。

まだ部屋が用意できていないということだったので、
車をホテルに置いてお昼ごはんを食べに電車で町の中心部へ。

2号機は移動中の車の中などで普段よりよく鼻をかんでいる感じだったのですが、
昼食後、いよいよスタジアムを向かう電車の中で、しきりに右目をこすります。
まつげが入ったのかと思い、スタジアム内のトイレで顔を洗えば収まるだろうと高をくくっていました。
そのうち痒い右目だけが充血し、白目の部分が盛り上がって段々すごいご面相になってきました。
その時点で目薬を点眼してもらうぐらいの軽い気持ちで救護室を訪れたのです。

救護室で2号機はしばらく目を閉じて椅子に座っていたところ、救急医が入室しすぐに診察です。
そのうち診察ベッドに横にされ、脇では薬のアンプルや点滴のパックが用意され
次第に大事になっていく様子に母である私はビビッていました。

救急医が腕を縛り血管を捜すのですが、腕も手の甲も指で叩けど血管は現れず。
そのうち腕にカニューレ(点滴の管を差し込むための針)をぶっ刺し、
グリグリ、グリグリやってくれるではありませんか。
当然2号機(11歳)はベッドの上で痛いと叫び続け、
私は私で「君は強い子だ、がんばれ」と繰り返し言うだけでしかできません。
確かに2号機は小デブですが、もう少しうまく針を刺してやってくださいな、ドクターよ。

点滴と一緒に薬を注入し、これで終わりかと思いきやドクター曰く、
「救急車を呼んだから、これから大学病院に行ってね。同行者と連絡とれる?」
おいおい、キックオフまであと数十分なのに今から?
仕方なくダンナと1号機の席まで走り、これから大学病院へ行く旨を連絡。
この時選手達がフィールドに出て、軽くウォーミングアップしていたなぁ・・・
スタジアムの外で待機していた救急車にストレッチャーに3点式ベルトで縛られた2号機と共に乗り込み、
サイレンと回転灯なしで大学病院までドライブです。
地図で見ると結構な距離を走ったんだなぁ~↓
duesseldorf
まずは眼科病棟に連れて行かれて診察され、その後2号機はストレッチャーから開放され小児科病棟に移動。
そして診断は「アレルギー」だそうです。

なんで右目だけ?

この時点で試合が丁度終わっており、一体何しにデュッセルドルフへ行ったんだか・・・

その後旧市街で落ち合ったダンナと1号機に試合の様子を尋ねたら、
「つまらんかった」と一言。
でもそのつまらんかった試合でも見たかったんだよ~(T_T)

帰宅後はあの騒動がなかったかのように2号機は通常運転に戻っています。
右目も何事もなく、残ったのはグリグリされて青いあざになった腕のカニューレの跡のみ。
2号機はガンガン泣き叫んでいたものの彼にしては武勇伝らしく、
腕を見せながらクラスの友達に自慢したそうな。
どうせ自慢するなら、ガンガン泣き叫んだこともきちんと話せよな。

しばらくしたら救急車使用料の請求書が届くはず(日本と違って有料です)。
子供だから治療費は全額保険でカバーしてくれるだろうけど、
救急車に乗ると一体いくらかかるのでしょうか?
楽しみだー
スポンサーサイト



別窓 | 言い訳 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Weltmeister 2006 | mein Tagebuch | 明日(いや、もう今日だ)、日本代表に会いに行きます>>
この記事のコメント
あ、変わった!
あ、変わった!

なぁんて言ってる場合じゃなくて、
突発的医療事故お疲れ様でした。
アレルギー、思わぬ状況下で発症するから怖いよねぇ。
ちなみに私は
鯖と蟹味噌とススキがだめ~。

前の黄色いのの時は何故かカキコできなかったんだけど
今度は大丈夫かな?
2006-06-07 Wed 15:32 | URL | M。。。 #MMIYU.WA [内容変更]
もうそろそろ梅雨かなぁ・・・と思って
ちゃんと書き込みできてるよ<紫陽花バージョン

いやー、救急車で大学病院行きを告げられた時、
一丁前にうろたえて2号機の生まれた年がとっさに出てこなかったです。
「ダビンチ・コード」みたいな生死にかかわるアレルギーじゃなかったのが救いでしょうか。
2006-06-07 Wed 15:47 | URL | Frau K. #2R.EqBSw [内容変更]
わーー!
試合見られなくて残念でしたけど、2号機くんが無事で良かったです♪

私も小さい頃から熱が出ると、よく白目が半透明のゼリーみたいになって腫れ上がったりしてました。(時には両目とも!)
我ながら気持ち悪かったけどw、似たような症状だなぁと思って。。
汚れた手で目をこすってしまうと、やっぱり腫れます。(んで熱も出るw)
ちなみに眼科でもらったアレルギー用の目薬さすと、腫れはすぐ引きましたー。

あ、、そういやここ数年は、熱が出ても腫れないなー。
もしや歳のせい!?(わぁん!)
2006-06-07 Wed 18:10 | URL | yuko #C9/gA75Q [内容変更]
やっぱりねぇ
汚い手で目をこすっちゃいけないって相当注意したんだけど、
やっぱり子供は我慢ができないからどんどん酷くなっちゃってねぇ。

大学病院で小児科の後、また眼科へ逆戻りして目に塗るクリームをもらいに行って来ました。
とりあえずこれでもううろたえる事はないと思います。

> もしや歳のせい!?(わぁん!)
いやいや、身体が丈夫になったんだよ、きっと。
2006-06-07 Wed 23:02 | URL | Frau K. #2R.EqBSw [内容変更]
覚えがあります
お久しぶりです。初めてのコメントです。
ずっと昔私の弟も同じ症状で母が救急車を呼んで大変だったのを思い出しました。やはりアレルギーでした。そして年を経て、私が花粉症にかかった初めての年にも同じ症状になりました。眼球がはれ上がってゼリー状のものがあふれてきてちょっと目にはお岩さん状態。なのでその季節には目薬をいつも持参しています。

ところでアジサイとってもきれい!
2006-06-09 Fri 00:48 | URL | まきこ #UhLuSSig [内容変更]
日本は関東まで梅雨に入ったのかな?
いらっしゃいまし~ > まきこさん

お母様が救急車を呼ばれた気持ち、分かります。
2号機が点滴を打たれた時点で「もういいだろう」と思ってたら、救急車でしょ。
「おいおい」と突っ込むとドクターから「目だからねぇ」とのお言葉。
そりゃそうだ。

今年の花粉は一段と酷いらしく、サッカーの日本チームも悩まされているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060607-00000010-spn-spo
2006-06-09 Fri 14:06 | URL | Frau K. #2R.EqBSw [内容変更]
うちの場合
2号機君(とFrau K)災難でしたね。でも、大事にいたらなくてよかったです。
救急車の料金ですが、私が13年前に腹痛で運ばれたときは20マルクの請求書が来ました。
2002年に日本から来た母が階段から落ちて運ばれたときは、250ユーロでした。此れはあとで旅行保険で戻ってきましたけど、スッゲータケー!!!と驚いた記憶があります。
2006-06-10 Sat 10:33 | URL | phary #- [内容変更]
請求は、忘れた頃にやってくる
コメント、ありがとうございます> pharyさん

子供だから全額保険で・・・って訳にはいかないよなぁ~

実は2号機、10年近く前にもデュッセルドルフの路面電車内でバギーから転げ落ち、ステップの角でおでこをザックリ切りその時にも救急車に乗りました。
今回は前回と違って10年近く経っていますし、ユーロになっているので、果たしてどれほどの請求になるかとワクテカしながら待っています。
2006-06-10 Sat 19:53 | URL | Frau K. #2R.EqBSw [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |