FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
Dominic Miller
2006-09-24 Sun 09:45
昨夜、イギリス人ギタリスト Dominic Miller(ドミニク・ミラー)氏のコンサートヘ行ってきました。

今回は最近発表したアルバム"Fourth Wall"のプロモーションだったのですが、私はまだ買っていません。
Fourth Wall Fourth Wall
Dominic Miller (2006/09/04)
Q-Rious

この商品の詳細を見る


前回2004年11月5日のライブが、彼のサポートするStingのライブ後、夜中の12時前にスタート。
(実際は6日になってたんじゃないかな?)
今回は無名時代のビートルズがせっせと通って演奏していたライブハウスのある(不健康なイメージの)繁華街のライブ祭りの一環で、やはり夜中の11時半スタートでした。
ライブに行き始めて20年以上経ちますが、2日またいでのライブなんてこの人だけですわ。
いや、日本で複数のミュージシャンが出演した「闇鍋ライブ」ってのもあったっけ・・・

元々彼をサポートしているキーボーディストMike Lindup氏見たさにライブへ行ったので、
彼の音楽に関してはまだまだ不勉強です。
CDを聞いていると妙に心地良いというか、下手すると気持ち良すぎて寝てしまいそうな感じ(笑)
でもライブは視覚効果がありまして(笑)、寝る暇はありません。
というのもステージ上の5人(G.:Dominic Miller, B.:Nicolas Fiszmann, Key.:Mike Lindup, Per.:Rhani Krija, Trumpet:Chris Botti)のアイコンタクトとそれを受けての表情がかなりお茶目で、
観客も一緒になってクスクス笑える暖かいステージなのです。
おまけにMiller氏もそんなに喋るタイプではありませんが、
英語の苦手な私でも理解できるような、簡単だけどかなり愉快なMCを披露してくれます。
これはライブじゃないと味わえないし、こんな楽しく素敵なライブなので、
曲の題名がわからなくてもまた行きたくなるのでしょう。
Dominic1 Dominic2
海外のライブハウスではたまに危険物所持のチェックをするぐらいで、
個人の録音機器・カメラ等を持込んでもとがめられることは少ないのです。
今回もやってみましたが、録音も上手くいかなかったし、画像もボケボケでいい事なし。
でも好きなLindup氏の真ん前に座って、ライブ後にサインをもらったし、何よりも楽しいたった1時間でした。

私の地元でライブがあれば、夜中でも私の都合がつけばまた見に行くでしょう。

あー、やっぱり彼の最新CD、聞かなくちゃ。
スポンサーサイト



別窓 | Musik | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Schulfest | mein Tagebuch | えーい、この怒りどうしてくれよう!!!!>>
この記事のコメント
わ!生ドミニク&マイコを拝んだですか。
い~な~。

随分昔にジュリア・フォーダムのツアーで来たとき観たのを思い出しましたよ♪

で、フラウ姐さんレトグラは聴きまくってますの?
2006-09-25 Mon 14:34 | URL | FAB郎 #- [内容変更]
No title
Dominic MillerとChris Bottiを同じステージ上で聞けるなんて夢のような話ですね、なんとも羨ましい。
もう直ぐにChris Bottiがここ日本に来日するようですが、小屋が大きすぎるようなので余り期待はしていません。ブルーノートぐらいの大きさが丁度良いんだけどなぁ。でもChris BottiにDominic、そして更にスティングも同時に来てくれたなら、もう死んでも良い。
2010-02-25 Thu 16:29 | URL | 金さん #- [内容変更]
Re: No title
ご訪問とコメント、ありがとうございました。

Chris Bottiは日本で人気があるのでしょうか?
ブルーノートがどれぐらいのキャパなのか存じ上げないのですが、
ファンの気持としては、伸ばせば手が届くような距離でじっくりと聴きたいですね。
その点、Stingが加わったら小さなハコでは許されないでしょう。

Dominicのステージで見た限り、彼は気さくなにーちゃんって感じで
(日本ってプリントされたトレーナーを着てた)クラシックのAve Mariaを演奏しました。
幸いその時の演奏もナマ録しておりまして、私の大切な音源の一つになっています。
2010-02-25 Thu 18:24 | URL | Frau K #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |