FC2ブログ
なぜかドイツに住む事になってしまった日本人主婦が 日本語を忘れない為リハビリ的に書く(不定期)日記
2007年夏期休暇6日目 その1
2007-07-18 Wed 12:21
インターラーケンに来た最大の目的、それは山登り
karte
これはホテルの朝食で使ったランチョンマットです。
家で改めて見たら、北と南が逆だったという…

インターラーケン西駅から電車に乗り、インターラーケン東駅で乗り換え、
まずはラウターブルンネン(Lauterbrunnen)駅まで。
この駅名、直訳すると「やかましい湧き水」。
その名の通り、駅からトコトコ歩くとこんな大きな滝がありました。
lauterbrunnen
2号機は滝までの道を見たとたん不参加決定で荷物番、
私とダンナと1号機で落ちている滝の真裏まで行ってみました。
2日目の鍾乳洞への道より勾配がきつい。
しんどかった~

滝を見た後に再び駅に戻り、今度は別の列車でクライネシャイデッグ(Kleine Scheidegg)駅まで。
運よく隣に老夫婦に同行している日本人ガイドが座ったので、私はずっと静かに聞き耳を立ててました。
スイスの車窓から1スイスの車窓から2スイスの車窓から3
この鉄道の終点クライネシャイデッグ駅で、アルペンホルン(アルプホルンとも)の演奏を見ました。
Alpenhorn
よれよれのTシャツにナンともいえないズボンのおっちゃんにお布施を払い、
彼の演奏の後、試しにホルンを吹かしてもらいました。
(ダンナと息子達はホルンに興味がなく、よって残念ながら証拠写真なし)
マウスピースも木でできてるぅぅぅ!
かろうじて音は出たけど、音程をコントロールするにはあまりにも肺活量なさ杉。
こんな感じでちょっと楽しんだ後、いよいよほぼトンネルのユングフラウヨッホへの列車に乗り込みました。 

ここで一旦ご飯食べて、続きを後ほどアップします。

その2へ続く。
スポンサーサイト



別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<2007年夏期休暇6日目 その2 | mein Tagebuch | 2007年夏期休暇5日目>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| mein Tagebuch |